Search this site
AKANE POTTERY
since 1997
<< 10月のスケジュール | TOP |
東へ

先週は 友人二人の展覧会を観にちょっくら出掛けてまいりました。

 

 

海を越え 着いたその足で六本木まで。

 

モリソン小林「植物記」

 

 

 

この繊細な植物が全て金属で制作されることへの驚き。

 

 

狂いの無い確かな観察眼と、質感さえも再現することが出来る巧みな技術。

作品それぞれに添えられた 秀逸な言の葉。

 

 

そこには山に魅せられた氏の 自然への畏敬の念が込められています。

 

 

モリソン小林「植物記」来月5日まで開催されています。

 皆さま ぜひお出掛けくださいませ。

 

 詳細はコチラ↓をご参照ください。

 https://www.idee.co.jp/shop/news/201809/floraoftystnad.html

 

 

その翌日は 三島へ向かいました。

 

小野泰秀 × 高里千世

「金の小舟と天鵞絨の空」

 

 

鉄製カンバスに描く錆画から生まれる 美しい月夜の物語。

 

 

 

 

夜風を受け たなびく旗に

アクセサリー作家としての活動を経て 画家への転身を遂げた高里の 

静かな覚悟をみたような気がしました。

 

限りのない可能性と 誇りに満ちた自信と。

  

 

どちらの展も 作家本人から話を聞きながら鑑賞できたことは

ありがたき贅沢でありました。感謝✨

 

「金の小舟と天鵞絨の空」展は終了しました。

*全ての会場写真は 特別に許可を頂いて撮影したものです。

 

 

今回、ご本人にはお会いできなかったけれど。

念願の「山びこ」の本も茜陶房の書棚に加わり。

 

中村大介 「山びこ図鑑」

 

頁をめくるたび 山びこに会うたびに 顔がほころびます。

 

 

モリソン小林、高里千世、中村大介

special source の活動は、こちらのHPより。

 

http://specialsource.jp/

 

 

 

三島では 「クレマチスの丘」にも足を延ばして

 

 

ベルナール・ビュフェ美術館にて

藤田嗣治の展に巡り会えたのも幸運でした。

 

 

時に 知見を広める時間を持つのも大切ですね。

 

充実の旅、備忘録でした。

 

 

また いつか。

 

----------------------------------

茜 陶 房 Gallery & Shop
open 13:00 〜 18:00
close 木・金 不定休アリ

浦添市城間4-34-3
tel 098 876 5453
mail info@akanepottery.com

----------------------------------

HP akanepottery.com

facebook www.facebook.com/akanepottey

インスタグラム www.instagram.com/akanepottery

 

*携帯メールにて お問い合わせを頂く際、
茜陶房からの返信が受け取れない事があるようです。
​(PCメールをブロックした設定の場合など)
営業日2日以内に返信が無い場合はPCアドレスから、
もしくはお電話にてお問い合わせくださいますよう
ご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

posted by akanepottery | 17:17 | 展示会・イベント | - | - |