Search this site
AKANE POTTERY
since 1997
<< OKINAWA TRIP | TOP | Casa BRUTUTS extra issue >>
ジュラさん

その昔、お隣りにふらりと現れた青年のお話。

 

様々な事情を抱えた人達が訪れては暫しの間滞在し、またいつの間にか去ってゆく。

そんな 人が良く面倒見のいいお隣りに住むM夫人のもとに、ある日「ジュラ」と呼ばれる青年がやって来た。

「リュウ。恐竜の竜。だから”ジュラ”なの。」

と、此処に居るどの女性よりもしなやかな仕草で彼は話した。

 

フレンチのシェフだと言う彼の作る料理はどれも絶品だった。

味も然ることながら、その盛り付けたるや それはそれは美しく。

お隣りの庭先が色とりどりの花で鮮やかに彩られたのも 彼が来てからのこと。

料理に使うハーブなどが育ち、夕方には水遣りをするジュラさんの歌声が辺りを和ませた。

 

フレンチではないが、彼が生地から作る しらすのピザ は忘れられない逸品だ。

焼き上がった生地はクリスピーなのにモチモチ。

その上に釜揚げしらすとパルミジャーノレッジャーノを。

そして たっぷりのオリーブオイルと黒胡椒少々。

今でこそ珍しくないが 当時トマトソースを使わないピザは実に衝撃的であり。

 

「ワインは白よ。キンッキンに冷えた白に限るわっ」

 

時に思い出して真似て作ってみるものの、あの絶妙な加減は遥か。

チーズが違う?オイルのランク?

もちろん そのどれもが及ばないのは確かなこと。

彼の魅力、シンプルで素朴な中に感じる洒落た都会の風やジェンダーフリーな色。

何よりジュラさんが作るから生まれる味、ということなのかな。

 

 

今日の陶工の昼メシはパスタを。

少し多めの塩で茹でたフジッリ。オリーブオイルと白ワイン、パルミジャーノチーズで和えて。

釜揚げしらすを加え茹で卵を散らし。チェリートマトを飾ったら、シークヮサーをひと搾り。

最後に大葉を乗せたら出来上がり。

器は#akaneのプレートを。あの頃 水を撒くジュラさんと見上げた夕空の色。

 

となれば ワインは白。キンッキンに冷えた白。

ショートパスタ + プレート #akane

 & verdicchio dei castelli di jesi classico

 

マルケのワインと釜揚げしらすで思い出した、昔の物語。

ふらりとやって来て、いつの間にか去って行った美しい青年が残したもの。

 

器ものがたり vol.2。(1年ぶり!)

 

つづく。

 

のか。

 

 

インスタグラム始めました

www.instagram.com/akanepottery

 

----------------------------------
茜 陶 房 Gallery & Shop
open 13:00 〜 18:00
close 木・金 不定休アリ

浦添市城間4-34-3
tel 098 876 5453
mail info@akanepottery.com

----------------------------------

  HP akanepottery.com

  Facebook www.facebook.com/akanepottey

Instagram www.instagram.com/akanepottery

 

*携帯メールにて お問い合わせを頂く際、
茜陶房からの返信が受け取れない事があるようです。
​(PCメールをブロックした設定の場合など)
営業日2日以内に返信が無い場合はPCアドレスから、
もしくはお電話にてお問い合わせくださいますよう
ご協力をお願いいたします。

 

posted by akanepottery | 16:03 | 器ものがたり | - | - |